システムトレードでのレバレッジについて

システムトレードと言っても、実際にはFXの取引を行うことに変わりはありませんから、FXのリスクはそのままシステムトレードのリスクになると言っても過言ではありません。(fx業者比較.jpというサイト)いろいろなリスクがありますが、リスクを増大させる要因としてレバレッジがあることはぜひ知っておかなければなりません。レバレッジとは、保有しているポジションが、証拠金に対して何倍なのかを示す数値です。たとえば、証拠金が100万円で、1ドル=120円の時に2万ドルのポジションを持っていたとしましょう。このとき、2万ドルは240万円になりいますから、2.4倍であることが分かります。だいたいこのような感覚を持っておくと、取引をする際に役に立つでしょう。

レバレッジの感覚が必要な理由は、レバレッジによって強制的なロスカットが行われることがあるからです。日本では個人投資家に対して25倍までに規制がなされています。つまり、25倍を超えるようになると、強制的にポジションがクローズされます。これが強制ロスカットと言われるものの一つです。その後に市況が改善して利益につながるとしても、強制ロスカットが発動されてポジションが決済されると損失のみが残ることになるでしょう。このようなことにならないように注意しなければなりません。システムトレードを行うときにもこのことは常に頭に置いておかなければならないでしょう。システムトレードでは資金管理を常に行っていかなければなりません。資金が不足していると、大きなポジションを持ったときにレ場レジが高くなりすぎて強制ロスカットが発動される可能性が高くなります。十分な資金を確保しておくことと、ポジションを大きくしすぎないようにすることの二つを心がけていれば、強制ロスカットという自体を避けることができると考えられます。システムトレードでは実際に取引を行うのはコンピュータのシステムですから、資金管理に時間をかけられるでしょう。